foolycooly

フラフラ、foolycooly

タグ:舞台探訪

すっかり放送も終わった「いなり、こんこん、恋いろは。」ですが、今回は番組のAパートとBパートを分けるCM前後のアイキャッチの風景を独断と偏見でチョイスしてみました。先ずはお馴染みのいなりです。2014-03-23-10-45-22
2014-01-17-12-37-16
うか様です。2014-03-23-10-45-12
2014-01-17-13-10-27
ミヤちゃんです。2014-03-23-11-28-46
2014-02-10-13-33-49
マルちゃんです。2014-03-23-11-26-20
2014-03-24-14-59-33
京子ちんです。2014-03-23-11-25-27
2014-03-31-12-18-20
そして、墨染さんです。2014-03-23-11-26-32
似たような風景がいくつか見られる中から選びました。2014-04-14-21-52-19
最後に何故かシシとロロとコンです。2014-03-19-22-29-04
2014-04-09-10-15-19
ミヤちゃんの場所以外は手軽に歩いて行ける場所なのですぐに見つけることができました。独断と偏見と好みで女性キャラと狐たちだけになってしまいました。

※画像は比較目的で掲載しています。著作権は全て「いなり、こんこん、恋いろは。製作委員会」にございます。
※アニメ本編画像以外は全てNOKIA Lumia 920で撮影しております。
※画像の編集にフォトアレンジメント無料版を使用しております。





いなり、こんこん、恋いろは。の最終回、その名も「いなり、こんこん、恋いろは。」の舞台の写真がやっと揃いました。2014-04-09-12-49-44
なかなか現地に行く機会がつくれずに今日も1時間程度の探訪でした。2014-03-23-10-23-58
日本中からお稲荷さんのお使いが京都に集まってくるシーンです。2014-03-23-10-24-28
流石に全国のお稲荷さんを巡るのは僕には厳しいです。千本鳥居を駆け抜けてます。2014-03-23-10-25-28
2014-03-24-14-42-01
手前の樹が特徴的ですね。2014-03-23-10-29-03
2014-03-25-04-56-34
2014-03-23-10-32-00
ここは四ツ辻ですね。2014-03-25-04-47-51
いなりを乗せて更に奥に進みます。2014-03-23-10-32-07
2014-03-25-04-50-24
俳優の西村和彦さんの実家として有名なお茶屋さん「仁志むら亭」前です。2014-03-23-10-32-33
2014-03-25-04-52-44
お店の前を通過して…2014-03-23-10-36-46
「三ノ峰下ノ社」前です。2014-03-24-12-47-24
そして稲荷山の頂上付近まで来ました。2014-03-23-10-37-43
2014-03-24-13-12-40
ここから天高く昇って行きます。2014-03-23-10-37-54
2014-03-24-13-13-58
ここまで来るには履き慣れた靴で来るのをお勧めします。途中お茶屋さんも点在しているのでゆっくり休憩しながら行くのもいいですね。2014-03-23-10-42-33
いなり達を見送る燈日です。そして…2014-04-09-11-18-59
高天原の岩戸を必死に開けようとするいなりです。2014-03-23-11-00-40
開いた隙間にお尻がつっかえてます。2014-03-23-11-05-56
うか様に会えました!2014-03-23-11-07-04
でもすり抜けてしまいます。神通力を返さないと…
2014-03-23-11-07-13
いなり、神通力をうか様に返します。2014-03-23-11-11-02
これでうか様とお別れしてしまいます…。2014-03-23-11-12-16
うか様はいなりの事を見守ってくれていますよね、きっと。2014-03-23-11-13-22
2014-04-09-11-16-57
2014-03-23-11-13-41
初めてうか様と出会った時と同じ場面です。2014-04-09-11-15-36
2014-03-23-11-13-50
2014-04-09-10-06-03
これも以前と同じアングルですね。2014-03-23-11-13-59
2014-04-09-09-57-32
いなりの支線の先に見える樹ですが…2014-03-23-11-14-10
同じ場所から見ると、2014-04-09-09-57-50
逆転させた感じなので左右逆転させてみます。2014-04-09-14-03-27
おそらくこの樹みたいです。2014-03-23-11-14-32
いなり、大丈夫でしょうか…。2014-04-09-09-59-27
ひとりで帰るいなりの足どりも寂しげです。2014-03-23-11-14-43
2014-04-09-11-14-40
2014-03-23-11-15-10
ふたつに分かれる千本鳥居の入り口付近です。2014-04-09-11-12-38
2014-03-23-11-15-23
ここも大体鳥居の基礎部分の並び方から目星をつけました。2014-04-09-11-11-33
ここは千本鳥居の入り口付近です。2014-03-23-11-15-31
2014-04-09-11-10-44
そしていなりを心配している京子ちん、墨染さん、マルちゃんです。2014-03-23-11-15-48
2014-04-09-10-22-21
2014-03-23-11-16-02
2014-04-09-11-06-28
2014-04-04-22-47-20
2014-04-09-09-48-04
丹波橋くんも来てくれて、感極まって泣いちゃいます。2014-03-23-11-17-09
2014-04-09-10-20-56
一方、うか様はトシ様に…2014-03-23-11-18-18
受難ですね。2014-03-23-11-19-51
いなりはいつもの場所にいなり寿司を持って来ました。2014-03-31-11-40-04
2014-03-23-11-21-00
2014-03-31-11-43-35
同じ場所にいなり寿司をお供えしたときの様子はこちらです。いつも通りの通学途中、丹波橋くんを見つけます。2014-03-23-11-22-49
2014-03-31-17-03-26
その後ろには燈日とうか様が…2014-03-23-11-22-58
2014-03-31-17-06-01
そして振り返るいなりです。2014-03-23-11-23-07
2014-03-31-17-06-55
ここまで「いなり、こんこん、恋いろは。」の舞台を見て回りましたが、京阪沿線に住んでいる僕にとって愛着ある作品になりました。この後のいなりと丹波橋くん、燈日とうか様、京子ちんと墨染さん達がどうなるのか色々と考えつつ、いなこん舞台探訪、ひとまずここまで…。
2014-03-23-11-23-52

※画像は比較目的で掲載しています。著作権は全て「いなり、こんこん、恋いろは。製作委員会」にございます。
※アニメ本編画像以外は全てNOKIA Lumia 920で撮影しております。
※画像の編集にフォトアレンジメント無料版を使用しております。




少し前になりますが、「いなり、こんこん、恋いろは。」のヒロイン、伏見いなりちゃんの誕生日が3月31日ということで、当日伏見稲荷大社に行って来ました。2014-03-23-11-19-51
先ずは最終回でいなりちゃんがいなり寿司をお供えする場所に行ってみました。2014-03-31-11-40-04
度々登場してすっかりお馴染みの場所です。2014-03-23-11-21-00
2014-03-31-11-43-35
参道沿いのお店で買ったいなり寿司です。その時のようすです。2014-03-31-11-42-58
(お供えしたおいなりさんはこのあと美味しく頂きました。)さて次は前からやってみたかった「痛絵馬(狐?)」作成です。かなり以前に東京秋葉原の神田明神でも痛絵馬らしきものを納めた時以来です。2014-03-31-11-46-50
こんな感じです。絵心が欲しいです。2014-03-31-11-50-22
納めました。場所はここら辺です。2014-03-31-11-49-41
お願いは「いなこん」が繁昌?するようにお願いしました。またひとつ伏見稲荷大社に行く楽しみが増えた年度末のいなりちゃん誕生日でした。

※画像は比較目的で掲載しています。著作権は全て「いなり、こんこん、恋いろは。製作委員会」にございます。
※アニメ本編画像、動画以外は全てNOKIA Lumia 920で撮影しております。





いなこん八話舞台探訪其の二はBパートからスタートです。いなりの神通力で稲荷山全体に異変が起きてます。2014-03-19-22-32-17
京子ちんと墨染さんのいる熊鷹社です。2014-03-25-04-42-54
2014-03-19-22-32-28
2014-03-24-13-53-02
丹波橋くん達のいた場所です。2014-03-19-22-32-45
ここまで登って来ると人が少ないです。2014-03-24-13-52-24
四ツ辻から先はまた雰囲気が変わります。2014-03-19-22-35-13
特徴的なお稲荷さんが目印の場所です。2014-03-24-13-54-46
そして…2014-03-19-22-35-28
うか様のおかげでいなりも落ち着けたみたいです。2014-03-24-14-29-03
なんとか収まったみたいですね。2014-03-19-22-36-24
2014-03-25-05-01-10
桃山さんと墨染さんと京子ちんと合流できたいなりです。2014-03-19-22-36-39
2014-03-25-05-02-13
ここでも墨染さんが上手く間に入ってくれています。2014-03-19-22-42-47
いなり、素直にごめんさい出来る、いい子です。2014-03-25-05-05-37
その後ろで複雑な表情の観月さん…。2014-03-19-22-44-13
2014-03-25-05-04-50
ここで京子ちんが「おい、何か言うことあるやろ!」と一喝!2014-03-19-22-44-22
ここでも墨染さんが活躍?します。2014-03-19-22-44-29
2014-03-25-05-06-35
睨みあいになってる間に入って…2014-04-03-00-00-32
2014-03-25-05-07-52
きました!「💢あ・や・まっ・て♡」2014-03-19-22-44-44
2014-03-24-15-23-55
普段怒らない墨染さん…2014-03-19-22-44-53
観月さん達真っ青です。2014-03-19-22-45-15
2014-03-24-15-25-36
ひとまず一件落着ですね。2014-03-19-22-45-45
墨染さん、強いです。2014-03-19-22-46-22
2014-03-24-15-27-47
ここでいなりのお兄さん、燈日がやって来ます。2014-03-19-22-46-53
2014-03-25-05-09-29
いなりを連れて行ってしまいます。2014-03-19-22-47-04
2014-03-25-05-10-23
取り残されちゃった面々です。2014-03-19-22-47-11
2014-03-24-15-29-26
場面は変わって奥社奉拝所です。2014-03-19-22-47-47
2014-03-31-17-00-01
2014-03-19-22-47-59
先程の地震のことを問いただす燈日です。2014-03-31-16-47-54
ここでミヤちゃん登場です。2014-04-03-00-46-44
いなりは仲良しの3人にサボりに協力してくれるようお願いします。2014-03-19-22-48-50
2014-03-25-05-10-55
協力してくれるみたいです。良かったですね。2014-03-19-22-48-59
2014-03-25-05-12-15
2014-03-19-22-49-13
2014-03-25-05-12-57
2014-03-19-22-49-22
2014-03-24-15-36-03
ここでいなりが燈日、ミヤちゃんから経緯を聴いているシーンになります。2014-03-19-22-50-31
2014-03-31-16-49-01
2014-03-19-22-52-11
2014-03-31-16-53-55
2014-04-03-00-59-01
うか様のことを心配して鳴き出すコン達、それに応えるように稲荷山の色んな場所でコン達の仲間が集まりだす場面です。2014-03-19-22-55-36
この場所ですが、いなこんが始まってから何回か稲荷山を歩きまわっているので大体の見当をつけて行ってみました。2014-03-24-13-33-55
薬力の滝、という場所です。滝行をするようです。2014-03-24-13-31-22
その滝から振り向くと…2014-03-24-13-30-32
それっぽいですが少し違います。別の方向から見てみましょう。2014-03-24-13-33-00
?!ひょっとして…2014-04-03-01-23-13
画像編集アプリで左右反転させました。これで一致ですね。2014-03-19-22-55-44
ここも見覚えがありました。2014-03-24-13-48-09
行燈のぶら下がった柱を目印に探しました。2014-03-24-13-49-17
この力松大神さまの隣の風景でした。2014-03-19-22-55-53
2014-03-31-16-57-17
ここでうか様のもとへ続く道筋が出来ました。2014-03-19-22-56-18
2014-03-31-16-58-58
ここで最終回に続きます…。2014-03-19-22-59-52


※画像は比較目的で掲載しています。著作権は全て「いなり、こんこん、恋いろは。製作委員会」にございます。
※アニメ本編画像以外は全てNOKIA Lumia 920で撮影しております。
※画像の編集にフォトアレンジメント無料版を使用しております。





4月末より上映される、「たまこラブストーリー」の舞台にフラリと行ってみました。先ずはキービジュアルです。2014-03-29-09-18-36
京阪藤森駅下車すぐの場所です。2014-03-31-12-44-38
橋と疏水、枝垂れた樹の様子からここらへんでしょうか。桜が満開手前でした。そしてお馴染み?の鴨川デルタの飛び石の風景ですね。かなり水をかぶっていました。少し離れて見てみました。2014-03-29-08-23-40
当日は雨の後の増水でかなり危ない状態でした。2014-03-31-13-57-01
僕の目の前で小さな男の子が川にはまって大泣きしていました。もち蔵の後ろの亀の形の飛び石の並びからすぐ特定できました。2014-03-31-17-09-18
2014-03-31-13-53-41
手前がたまこ、奥がもち蔵の乗っていた飛び石ですね。そしてアップのたまこ側からの風景です。2014-03-29-08-23-48
2014-03-31-13-31-53
そしてもち蔵側からです。2014-03-29-08-23-57
2014-03-31-17-08-31
そしてかなり引いたアングルです。2014-03-31-13-51-49
ズボンの裾を上げて川に入って写そうと思いましたがかなりの水量と流れの速さで入れませんでした。2014-03-29-08-24-25
2014-03-31-13-40-46
安全第一ですね。そしてたまこが走っているシーンです。2014-03-29-08-25-58
特徴は後ろの壁の新幹線の絵ですが、たまこま聖地巡礼された方ならすぐに気付く、京阪藤森駅そば、師団橋そばにある風景です。2014-03-31-12-51-53
寄ってみました。2014-03-31-12-49-41
後から気付きましたが、もうひとつの壁のかな?と後日行って見ましたが、2014-04-09-10-46-37
新幹線の向きからもこちらでいいですね。もち蔵を追って走る?たまこです。2014-03-29-08-26-04
2014-03-31-12-49-11
その後のシーンは京都駅の新幹線ホームでしょうか?2014-03-29-08-26-12
また機会があったら行ってみたいです。4/26より上映される、「たまこラブストーリー」、楽しみですね!
※画像は全て比較目的で掲載しております。
※このブログの画像は全てNOKIA Lumia 920で撮影しています。

このページのトップヘ